1人暮らし大学生の6畳部屋Bar化計画

たった6畳の狭いワンルームをBarにしちゃいました。 一人暮らしの男のためのインテリアテクニックの紹介。自宅でつくる、シャレたカクテルの紹介付き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カーテンの選び方3~カーテンを部屋になじませる(前編)

またまた長らくお待たせしました!
ほんっと、ちょくちょくですが継続しますよ!(笑)

実はそのうちこのブログ、キレーに整理しようかなとか考えています。
結構無計画に更新してきたんで、インテリアのコツが至る所に散乱して記事が増えても伝わりにくいんじゃないかと思いまして。。
・・とはいえ、結構ハードな作業になることは間違いないんで、まだ先の話にはなると思うんですが。。(笑)

でも僕はキリンさんよりもハードなプレイが大好きです。
先日ボード行ってきました!
普通に滑るのはもう飽きたんで、これでもかって位のスピードで180度回ったり360度回ったり着地で逆エッジの餌食になって5分悶絶したり気絶しかけたり、息が出来なくなったりetc...

何でもハードにするのが好きみたいです。変態ですね。
普通のじゃ嫌なんです。ハードなのがイイんです。

そのせいでせっかくの春休みなのにまだ1日も実質的な休みがありません(笑)
バイトにまみれてえらいことなってます。ボードもバイト後そのまま直行して、帰ってきた時もそのままバイトに直行しました。
・・・しんどい↓↓

・・・ハードなのはやっぱりいやです。



・・・!?

・・・どっちやねん!!


さて、ちょっと無理な展開ですが早速今日の本題に入ります!(だってインテリアブログだもん)
前回、カーテンを部屋になじむように選んでやるには、

"色や柄をあなたの部屋のイメージカラーと同じ色、もしくは同系色を選んでやる"

"部屋のテイストとカーテンのテイストを統一する"

の2点を紹介しましたが、今日はその1点目、

色や柄をあなたの部屋のイメージカラーと同じ色、もしくは同系色を選んでやる方法

についてお話したいと思います。

まず、「ん?何さイメージカラーって!」って人に軽く説明します。
ま、別に専門用語でも何でもなくて、僕が勝手に言ってるだけなんでアレなんですが(笑)...何やねんアレって

ここで僕が言いたいイメージカラーってのは、

"あなたの部屋を印象付ける色"

のこと。

例えば、壁とかが主に白、床はフローリングのため茶色..って場合。
この場合、確かに部屋を占める色は表面積の大きさから

「うむ、俺の部屋のイメージカラーは白(茶)だな。」

とかいう考えになりそうだけど、ちょっと違って、

家具を黒で揃えたなら、イメージカラーは黒、
部屋のアクセントとして、ちょびちょび赤を使ってるって人はイメージカラーは赤、

となります。

"全体的なイメージの色"というよりは、"印象に残る、部屋に使われている色"って感じです。

この色をメインに使ったカーテンはきっと、あなたの部屋にマッチします!!

しかし、あまり"ビビッド"な色はオススメできません。
例えば、"濃い赤"があなたの部屋のイメージカラーだったとします。
この場合、真っ赤な無地のカーテンがよい!!ってわけじゃないんです。(想像したらなんとなくだけど納得してもらえるハズ...)

あくまで、カーテンは目立ったらダメなんです!(基本的にはネ)

なので、もし、部屋のイメージカラーがちょっと濃い目の色であれば、
それを薄めた感じの色やその同系色を使ったカーテン
または、
その色を部分的に使った、柄モノのカーテンを選ぶべきでしょう。

もちろんこの柄もなるべく、癖の無い、あまり主張しないものの方が部屋には合わせやすいんじゃないでしょうか。


・・と、今日は
色や柄をあなたの部屋のイメージカラーと同じ色、もしくは同系色を選んでやる方法
についてお話しました。また何か気付くことがあれば追記していきます!
次回は、もう一方の
"部屋のテイストとカーテンのテイストを統一する"
について。

できるだけ近いうちに更新...します(笑)

←もしこの記事が参考になったら1クリックしてもらえたらうれしいです☆
スポンサーサイト

テーマ:カーテン - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/26(月) 00:25:06|
  2.  ├カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。