1人暮らし大学生の6畳部屋Bar化計画

たった6畳の狭いワンルームをBarにしちゃいました。 一人暮らしの男のためのインテリアテクニックの紹介。自宅でつくる、シャレたカクテルの紹介付き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自宅deカクテル~カクテルの基本1

今日もレポート...
もう毎日毎日レポート尽くめでリアルに嫌になります。

理系に進むんじゃなかった・・・

女の子少ないし...(>ε<)
同じ学科の女の子の人数を二進法で表すと一桁で表せてしまいます(笑)

カワイイ女の子がいっぱいいたらレポートもそんなに苦じゃなくなるのになぁ(・д・)。。。

・・・コホン。。失礼。。


っとちょっと愚痴っちゃいました。
でも結構元気ですよ。
頑張りますとも!


さて、今日は「カクテルの基本~その1」です。
ちょっとしんどいから小分けにします(笑)

今日はカクテルの作り方について少し。


カクテルの作り方って何かシャカシャカするイメージない?
まだ知識の無い頃、僕、全部シャカシャカして作るんだと思ってました(笑)

実はシャカシャカしないカクテルもあったり、また違う作り方のカクテルもあったりなんです。
今回はそれを紹介します。


基本的にカクテルには4通りの作り方があります。
カクテル毎に「この方法で作った方がイイ」ってのがあって、それが大きく分けて4通り。

1つは、あなたもご存知のシャカシャカ☆
1:"シェーク"で作る方法。
洋白(銀の)カクテルシェーカー(S)【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】

またシェーカーの使い方とかシャカシャカの仕方とかは後日☆
他に、
2:"ステア"
3:"ビルド"
4:"ブレンド"

があります。

"ステア"は
バースプーン
バースプーン(S)【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】

ストレーナー
耳付ストレーナー(大)【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】

ミキシンググラス
矢来ミキシンググラス(大)【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】

の3つを使い、ミキシンググラスの中でバースプーンでかき混ぜて(この作業を"ステア"といいます)作る方法です。

「結局混ぜるんなら"シェーク"と変わらないじゃないか!!」

って思う人もいるかもしれませんが、実は"シェーク"と"ステア"では微妙に味が変わってくるんです。
一般に"シェーク"では材料同士がしっかり混ざって、しかも空気もお酒の中に入り込むため、「まろやかな味」になるとされてます。
一方"ステア"は材料のクセを残して生かしたい時の方法です。

実際この違いが分かるようになるには結構飲み比べないと分かるようになりません←僕はそうでした(笑)
好みで使い分けてもいいけど、基本的に、「このカクテルは"ステア"」「このカクテルは"シェーク"」っていうのがあるので、最初はそれに従っておきましょう(笑)

形から入ったっていいじゃないか(笑)


さて、じゃあ"ビルド"はどうやって作るのでしょう。
これはグラスに直接作る方法です。
グラスに直接材料を入れてステア(かき混ぜる)するのが"ビルド"です。
これはソーダ水とか炭酸系のものを使う時の方法です。
静かに2,3回ステアします。(やり過ぎると炭酸逃げちゃうしね。)


そして最後に"ブレンド"
これはミキサー持ってないと無理なんだけど(僕、ミキサー持ってないんで"ブレンド"で作るカクテルは作れません(・д・;))
シャーベット状の、フローズンタイプのカクテルを作る時の方法です。
ミキサーに砕いた氷と材料を入れてブイーンします。


主に以上の4通りです。
軽く知っといて下さい☆

また"シェーク"、"ステア"、"ビルド"については後日詳しく作法を解説します( ̄ー+ ̄)


今日はここまで...

レポートぉぉ。。。

←只今ランキング下位暴走中です...(笑)「お疲れ様」って"ポチッ"て押して下さると助かります(>ε<;)
スポンサーサイト

テーマ:カクテル - ジャンル:グルメ

  1. 2006/06/06(火) 23:59:59|
  2.  ├カクテルの基本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自宅deカクテル~カクテルの基本2 | ホーム | 自宅deカクテル~準備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://interiorfashion.blog62.fc2.com/tb.php/15-f0e1f6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。