1人暮らし大学生の6畳部屋Bar化計画

たった6畳の狭いワンルームをBarにしちゃいました。 一人暮らしの男のためのインテリアテクニックの紹介。自宅でつくる、シャレたカクテルの紹介付き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

間接照明のススメ1~間接照明のメリット

いよいよ再開します!
長い間お待たせしました...m(__m)
・・・と言いながら今日から実家に帰るのでまた1週間空けますが(笑)
でもなるべく時間作ってガンガン更新していきたいと思ってますのでよろしくお願いしますね☆

さて、久しぶりなので何について書こうかちょっと迷いましたが・・
今回は間接照明について!

間接照明は間違いなく、おしゃれなインテリアには欠かせません!

間接照明一つであなたの部屋の雰囲気は大きく変わります。
間接照明の使い方等のテクニック面はまた後日、今日は間接照明を使うことのメリットを挙げておきます。

[間接照明を使うメリット]
1:部屋の雰囲気を大きく変えることができる。
2:"見せたいもの"に自然と視線を引っ張ることができる。
3:部屋を広く見せることができる。


以上の3点かと思います。
もちろん、これは間接照明の使い方次第ということになるだけどね(笑)
使い方のテクニックはまた後日紹介するとして、
以上の3点の説明を軽く☆
まず、

1:部屋の雰囲気を大きく変えることができる。

いつもどんな照明を使っていますか?
「もちろん蛍光灯♪」って人、多いと思いますが、これだけじゃ単調で、部屋の印象が薄くなってしまいます。
雰囲気も何も無くなってしまうわけです。
もし、
「Barみたいにムーディなカッコイイ部屋にしたい!」
っていうのなら、いつも使っている蛍光灯ではそんな雰囲気出せません(笑)
これは一例ですが、
もしBarのようなムーディな部屋を目指すなら、白い光を出す蛍光灯は使ってはいけません。

光は部屋の雰囲気を大きく変えます。

サワヤカな雰囲気、きれいな雰囲気を出したいのであれば、明るい、真っ白な照明を強く、

ムーディな雰囲気を出したいのであれば、部屋全体としては暗く、使う照明は蛍光灯の白い光でなく、電球のオレンジの光を使う。

これが基本となります。
男の子は後者の、ムーディな部屋に憧れるんじゃないかな?
・・・女の子口説きやすくなるしね(笑)いやらしっ!!

僕は実際蛍光灯使ってません。
間接照明のみで生活してます(笑)
暗くない?って言われそうですが、確かにちっと暗いです(笑)

・・・でも明るいBarなんてあります??(笑)

ってことでね(笑)
ムーディにカッコつけちゃってるわけです。

次に、
2:"見せたいもの"に自然と視線を引っ張ることができる。

これは当たり前と言えば当たり前なんですが、光が当たってるところに人間は無意識に目がいくんです。
それを上手く利用して、"見せたいもの"・・・例えば観葉植物とかにさりげなく間接照明を当てちゃうわけです。
見せたいものをさりげなく見せることができるわけです。
しかも、照明の当て方によっては、よりいい感じに見せることができるんです!(それはまた後日♪)
・・・これはもう使わなきゃ損だよね(笑)

そして、この2:"見せたいもの"に自然と視線を引っ張ることができる。を上手く応用して、

3:部屋を広く見せることができる。

につなげます。
狭い部屋、もっと広く見せれます!!


以上が間接照明の魅力です☆

使ってみたくなってきた?是非使ってみよう!(^v^)
家具を変えるより、配置を変えるより、
そんなことよりもっと簡単で、劇的に部屋の雰囲気を変えるのが間接照明なんです☆

でわ、続きはまた後日!

←"お疲れさま"の"ポチッ"をお願いしてもいいですか?(・人・`*)
スポンサーサイト

テーマ:インテリアコーディネート - ジャンル:ライフ

  1. 2006/08/12(土) 04:55:41|
  2.  └照明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<間接照明のススメ2~間接照明で部屋を広く見せる!! | ホーム | 再開のお知らせ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://interiorfashion.blog62.fc2.com/tb.php/27-05d34784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。