1人暮らし大学生の6畳部屋Bar化計画

たった6畳の狭いワンルームをBarにしちゃいました。 一人暮らしの男のためのインテリアテクニックの紹介。自宅でつくる、シャレたカクテルの紹介付き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自宅deカクテル~序章

「自宅deカクテル」

このカテゴリーでは、自宅で作るオシャレなカクテルや簡単なカクテル、お酒のうんちく等を紹介していきます。

今回はその序章ということで、僕のお酒との出会いを少し。。




初めて飲んだお酒は、親戚のおじさんに勧められたウィスキーでした(ストレート)。
その頃の僕はまだ小学生で、やたらむせたのを覚えています(笑)
もちろん何が美味しいのか全然わかりませんでした。

それからは全然お酒は飲んでません。
高校生のとき、親から一口二口ビールを飲ませてもらったくらいで。

しかし大学生になり、、状況は一変しました。

・・・
大学生になりたての頃、サークルや部活の新歓でチューハイやビールを死ぬほど飲まされた。
正直、全然おいしくなかったし、無理矢理酔うために飲んでたって感じ。
そう、お酒は無理して飲む感じだった。
だから家でお酒飲むなんてことは考えられなかったし、買おうとも思わなかった。

でも、とある飲み会で初めて


「美味しい!」

と思ったお酒がある。

日本酒だった。←おっさんやん(笑)

といっても冷酒じゃなくて熱燗。
和食によく合い、友達の熱燗を一口もらって開眼!

飲みまくって潰れました(笑)

その後、しばらく僕の中では日本酒ブームが巻き起こり、飲み会がある度に熱燗を頼んでました(笑)

でも、とある大学構内で行われた飲み会で、チューハイ12~3缶?空けた後、日本酒を1リットル程飲んだことがありました。

こんなに飲んだのは初めてで、朦朧としながら立ちゲロ。
ひと気の無いところまでふらふらと歩いて行ったところまではうっすらと記憶にあります。

後から友達に聞いた話だと、土砂降りの雨の中、外で日本酒片手に泣きながら寝ていたそうです(笑)

それからというもの、日本酒に少し恐怖を覚え、日本酒に代わる、おいしいお酒を探していました。

そこで出会ったのがカクテル

友達と初めてBarに行った時、カクテルの美味しさに感激したのを覚えています。

Barって初めは敷居が高そう、、って思ってたんだけど案外普通でした。
Barにもよるけど(笑)

そこで色んなカクテルを飲んでるうちに、どうやら僕は
ジンベースのカクテルが好きなようでした。

数日後、ちゃっかりジンを買って、冷凍庫に保管し、チマチマ飲んでました。

今でもジンは大好きです。

僕がカクテルにはまったキッカケはBarでした。

そして、ここまでお酒にはまり、自宅までもBarテイストにしてしまったキッカケは、、、

たぶん、失恋だと思います(笑)

詳しくはまたそのうち...

毎日のようにBarで飲むよりは家で一人でまったり、、ゆっくり、、飲みたい。お金もだいぶ安く済むし。。
そんな理由と、
あと、もう一つ、、
ちょっと恥ずかしい理由から自宅をBarテイストに、、たった1ヶ月で仕上げました。



そんな身の上話も交えながら、お酒のお話、カクテルのレシピ、等を「自宅deカクテル」で紹介していきます。

初めての人や、お酒に全く無知な人でも分かるように、写真入りで詳しく紹介していくつもりです☆

「自宅deカクテル」だけで、「自宅でカクテル」が作れる。
「自宅deカクテル」だけで、一通りのカクテルの知識が身につく。

そんな「自宅deカクテル」を目指します。


以上、「自宅deカクテル」の紹介でした。

「自宅Bar化計画」のインテリアの解説と平行してアップしていきますので、今後ともよろしくお願いします♪

←多くの人に読んでもらいたいので、、どうか清きワンクリックをお願いしますm(__m)
スポンサーサイト

テーマ:インテリア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/05/14(日) 00:18:38|
  2.  ├序章 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自宅Bar化インテリア7~捨てる勇気 | ホーム | 自宅Bar化インテリア6~誰もがヤッてしまうアヤマチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://interiorfashion.blog62.fc2.com/tb.php/9-3e477db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。