1人暮らし大学生の6畳部屋Bar化計画

たった6畳の狭いワンルームをBarにしちゃいました。 一人暮らしの男のためのインテリアテクニックの紹介。自宅でつくる、シャレたカクテルの紹介付き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カーテンの選び方~カーテンで部屋の印象がガラリ

お久しぶりです。
更新が滞ってしまって申し訳ありません。
正直モチベーションの低下が...(笑)

いや、でも頑張って更新は続けていくつもりです!
ペースはどうなるかわかりませんか、極力頑張って更新していきたいとは考えているので、今後ともどうかよろしくお願いします!!


実は8月は結構色々悩んでて、何も手につかない状態だったんです。
愚痴は略しますが..

9月に入って、友達と遊びに行ったり、旅行したりして、だいぶ気分も晴れて、結構精神的に健康になりつつあります(笑)

そして一昨日からカテキョの他に新しくバイトを始めました☆
堀江の※※※※※っていう服屋さんで、初めての販売にタジタジしながら頑張っています☆
(エイプの横にあるお店です)
好きなことをバイトにできるって、ホントに幸せです。
もっと勉強して、店に貢献できるようになりたいものです。

・・って感じで、少しずつですが英気が戻ってきましたので、今日頑張って更新しようかなと思い立ったわけです!

・・ってことで今日はカーテンのお話。

やばい..眠い...


そうそう、早速ですが一つ、注意しておくことがあります!


"カーテンで失敗は絶対に許されない"


特に、狭いワンルームの部屋でしたらもうホントに過剰なくらいに注意してください。

どうしてカーテンがそんなに大事なのか!?

それは、
「カーテンは部屋の壁の一面を覆うから」
   ↓
「カーテンは部屋の目に付く範囲での占める割合が大きい」
   ↓
「カーテンは部屋の印象を左右してしまう。」

から。

広い範囲で使うものだから、気を抜くわけにはいきません。
しかし、ここでもう一度忠告します。

"カーテンで失敗は絶対に許されない"

しつこいかもしれませんが、これが全てです。
センスのある人や、何らかの意図があるなら話は別ですが、そうでない人は、、

変に頑張ってはいけません!

失敗だけは絶対にしてはいけないのですから、失敗しないように、無難なカーテンを選ぶべきでしょう。
考えることは唯一つ。
「部屋になじむ」ように、選ぶことです。

その選び方は、、、



次回にします(笑)

何か疲れてるみたいです。めちゃくちゃ眠いです。
次回はそんなに日は空かない(予定)です(笑)

今後ともどうかよろしくお願いします☆


←お役に立てましたら是非ワンクリックお願いします(・人・`*)

テーマ:家具・インテリア - ジャンル:ライフ

  1. 2006/09/11(月) 01:10:08|
  2.  ├カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

間接照明のススメ3~間接照明で部屋を広く見せる具体例!

もうね、前置きがわりに僕の日常とかつらつらと書いてたらね、かなりネガティブになっちゃってね、

愚痴るのもアレだし、前置きなしにいきなり本題です!(`д´)ノウワァァン

今回は、前回説明した「間接照明で部屋を広く見せる方法」を実際僕はどうやって使っているのかを紹介してみたいと思います☆

まず、このポイント♪


間接照明で部屋を広く見せる方法」で、
"視線を部屋の隅に届くように光を照らしてやる"
ことは説明したかと思います。

これを使ってみました。
部屋の角なんて放っておいたら見ないよね。

さらに広さを感じやすいように、天井にまで視線が届く位の高さに照明を使いました。

"視線の長さが広さを決める"ことは前回話したけど、これはつまり天井についても言えるんじゃないかと思うわけです。

天井が高い部屋はやっぱり広く見えるし、低い部屋は狭苦しく感じてしまうのはこの理由からじゃないでしょうか?

・・・ってことで、たった6畳の部屋を少しでも広く見せるために、部屋の隅+天井近くにまで視線をもっていきました☆

もちろん、照明だけじゃ物足らないので照らす対象として、ちょっとしたアートをもってきました!

ほのかにそのアートを照らすことで、視線がその方向に無意識のうちに向けられるんです♪

ちなみに、上の写真の照明は"自作"です☆
・・・といっても、超手抜きで、誰でもすぐに作れちゃいます(笑)
その作り方はまた後日、"手作り家具"のカテゴリーで紹介したいと思います。

ついつい無造作に放置しがちな部屋の隅、これだけの工夫でだいぶ変わります。

あと、天井だけでなく、


視線を下へ集めるのも悪くありません。
あまりごちゃごちゃするのはよくないですが、キレイに見せれたら

視線が上下に広がり、部屋に広がりを感じることができます☆

間接照明の使い方は、もちろん「照明」である以上、モノを照らすんですから、
"何をどう照らすか"が大事になってくると思います。

もちろん、壁を照らすだけでも全然違いますし、ガラス製の物とか、光を当てるとキレイに見えそうなものは、かなりの狙い目です☆

あと、"不規則な影"を作りそうな、観葉植物を照らすのもオススメです♪幻想的な光とその影で、かなーりムーディな感じになるでしょう。

光のあるほうに人の視線は向けられる。

これを忘れないようにしましょう!

見せたいものを魅せる!
部屋の隅を見せることで広さを感じさせる!

これが間接照明の大きな利点だと、僕は思います(´▽`*)


←お役に立てましたら是非ワンクリックお願いします(・人・`*)


テーマ:家具・インテリア - ジャンル:ライフ

  1. 2006/08/22(火) 17:50:37|
  2.  └照明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

間接照明のススメ2~間接照明で部屋を広く見せる!!

実家に帰ってました☆

お久しぶりです。
夏休みってことで結構暇になるかなーと思ってたんですけど案外なんやらかんやらで忙しいもので、、
このまま何も考えずに過ごすと夏を無駄にしてしまいそうです。

そろそろ気を引き締めなきゃ・・・!!

時間しっかり管理して、しっかり遊ぶ!しっかり勉強する!を徹底したいものです(笑)



さて、早速今日の本題。
今日は間接照明で部屋を広く見せる方法についてお話します。


まず、人は部屋の広さをどう感じるか。

これは憶測だけど、広さは"視線の長さ"で感じるんじゃないかと思ってます。


例えば、
何もない部屋の場合、下図のように視線は部屋の隅から隅まで行き届きますが・・・


下図のように、視線を遮るものがある場合、視線は部屋の隅まで届かず、その分狭く感じてしまうわけです。


ですから、家具の配置はなるべく視線の邪魔をしないように心がけるべきです☆

まぁこれは前提として、間接照明でさらに部屋を広く見せてみましょう!


要するに、

部屋を広く見せたければ、部屋の隅へ視線が届くようにする

のが大事なんですから、

部屋の隅へ視線が届くように光を使う!

んです。

人間は光のある方へ自然と目がいきます。無意識のうちに。
まぁ舞台とかをイメージするとそれは分かると思います☆

まぁだからもう簡単に言っちゃうと、

部屋の隅や壁を間接照明の光で他のスペースよりも明るくしてやるといいんです!


そうすることで、部屋の隅に視線が自然と、無意識のうちにいって、部屋を少し、広く感じることができるわけです。

まぁこんな言葉だけで言ってもあれですから、一度試してみて下さい!

「そんなに変わらんでしょ」

とか思ってる人もたぶん、ちょっとびっくりします(笑)

まぢで、結構変わるんです!

次回、僕が実際にどうやって間接照明を使っているかを写真入りで紹介します☆

あと、"見せたいもの"をキレイに見せる方法も少し織り交ぜてみるつもりです!

今日はここまで☆

←"お疲れさま"の"ポチッ"をお願いしてもいいですか?(・人・`*)
  1. 2006/08/19(土) 01:47:54|
  2.  └照明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間接照明のススメ1~間接照明のメリット

いよいよ再開します!
長い間お待たせしました...m(__m)
・・・と言いながら今日から実家に帰るのでまた1週間空けますが(笑)
でもなるべく時間作ってガンガン更新していきたいと思ってますのでよろしくお願いしますね☆

さて、久しぶりなので何について書こうかちょっと迷いましたが・・
今回は間接照明について!

間接照明は間違いなく、おしゃれなインテリアには欠かせません!

間接照明一つであなたの部屋の雰囲気は大きく変わります。
間接照明の使い方等のテクニック面はまた後日、今日は間接照明を使うことのメリットを挙げておきます。

[間接照明を使うメリット]
1:部屋の雰囲気を大きく変えることができる。
2:"見せたいもの"に自然と視線を引っ張ることができる。
3:部屋を広く見せることができる。


以上の3点かと思います。
もちろん、これは間接照明の使い方次第ということになるだけどね(笑)
使い方のテクニックはまた後日紹介するとして、
以上の3点の説明を軽く☆
まず、

1:部屋の雰囲気を大きく変えることができる。

いつもどんな照明を使っていますか?
「もちろん蛍光灯♪」って人、多いと思いますが、これだけじゃ単調で、部屋の印象が薄くなってしまいます。
雰囲気も何も無くなってしまうわけです。
もし、
「Barみたいにムーディなカッコイイ部屋にしたい!」
っていうのなら、いつも使っている蛍光灯ではそんな雰囲気出せません(笑)
これは一例ですが、
もしBarのようなムーディな部屋を目指すなら、白い光を出す蛍光灯は使ってはいけません。

光は部屋の雰囲気を大きく変えます。

サワヤカな雰囲気、きれいな雰囲気を出したいのであれば、明るい、真っ白な照明を強く、

ムーディな雰囲気を出したいのであれば、部屋全体としては暗く、使う照明は蛍光灯の白い光でなく、電球のオレンジの光を使う。

これが基本となります。
男の子は後者の、ムーディな部屋に憧れるんじゃないかな?
・・・女の子口説きやすくなるしね(笑)いやらしっ!!

僕は実際蛍光灯使ってません。
間接照明のみで生活してます(笑)
暗くない?って言われそうですが、確かにちっと暗いです(笑)

・・・でも明るいBarなんてあります??(笑)

ってことでね(笑)
ムーディにカッコつけちゃってるわけです。

次に、
2:"見せたいもの"に自然と視線を引っ張ることができる。

これは当たり前と言えば当たり前なんですが、光が当たってるところに人間は無意識に目がいくんです。
それを上手く利用して、"見せたいもの"・・・例えば観葉植物とかにさりげなく間接照明を当てちゃうわけです。
見せたいものをさりげなく見せることができるわけです。
しかも、照明の当て方によっては、よりいい感じに見せることができるんです!(それはまた後日♪)
・・・これはもう使わなきゃ損だよね(笑)

そして、この2:"見せたいもの"に自然と視線を引っ張ることができる。を上手く応用して、

3:部屋を広く見せることができる。

につなげます。
狭い部屋、もっと広く見せれます!!


以上が間接照明の魅力です☆

使ってみたくなってきた?是非使ってみよう!(^v^)
家具を変えるより、配置を変えるより、
そんなことよりもっと簡単で、劇的に部屋の雰囲気を変えるのが間接照明なんです☆

でわ、続きはまた後日!

←"お疲れさま"の"ポチッ"をお願いしてもいいですか?(・人・`*)

テーマ:インテリアコーディネート - ジャンル:ライフ

  1. 2006/08/12(土) 04:55:41|
  2.  └照明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再開のお知らせ!

長らくお休みしてしまいました・・

ずっと待っていてくださった方には本当に申し訳ないですm(__m)

3回生になり、専門的な科目も増えテスト前はかなり悲惨な生活でした。。
残すところあと1教科です...!!

もうすぐ夏休みです☆

本当に長い間待たせてしまいました..
夏休み、頑張って更新していくつもりなので、これからも末永く、生暖かい目で見守っていて下さい。。!(笑)

今週末に、再開する予定です!
その後しばらく実家に帰り、再び次の週末から更新ラッシュ!!のつもりをしています(笑)

頑張ります!
内容のある更新を頑張って続けていきたいと思っていますので今後ともどうかよろしくお願いします!☆
  1. 2006/08/07(月) 01:53:30|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。